新サーバの準備4 Apache

今回はApacheのインストール。
インストール自体は簡単に

sudo apt-get install apache2

今までは、自前ビルドのApacheを使っていて初めてdebパッケージのApacheを入れてみたが、設定ファイルが独自でちょっとビビったが、このへんを参考にした。
玄箱 Debian に Apache2 をインストール
debianでapache2を設定しながら理解を深める

サイトの設定や、モジュールの有効無効はコマンドで切り替えることが出来る。

a2enmod modName #モジュールを有効にする
a2dismod modName #モジュールを無効にする
a2ensite siteName #サイトを有効にする
a2dissite siteName #サイトを無効にする

httpsを有効にするために、秘密鍵と証明書を準備する。
Debianには簡単にこれらを作ってくれるコマンドがあるので、それを実行する。

sudo /usr/sbin/make-ssl-cert /usr/share/ssl-cert/ssleay.cnf /etc/apache2/ssl/apache.crt

第一引数に元となるテンプレートファイルを指定する。これは上記の場所においてあるはず。
第二引数には出力ファイルを指定する。
/etc/apache2/sites-available/default-ssl
をベースに設定ファイルを作り、サイトとモジュールの有効化を行う。

sudo /usr/sbin/a2enmod ssl
sudo /usr/sbin/a2ensite sslSettingFile
sudo /etc/init.d/apache2 restart

これで、とりあえずSSLにも対応したApacheの最低限の設定ができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください