Debianで2T超のHDDを使う。

HDDの空き容量が少なくなってきたので、新しく3TのHDDを買ってきた。
ドスパラで11880円だった。
WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
買ったあとに知ったのだが、このHDDはAFTと言って、物理セクタサイズが4Kだった。
このため、ちょっと面倒だった。

2T超のHDDはfdiskでは扱えないようなので、partedというのを使ってみる。
partedはfdiskなどと違って、即座に変更が反映されてしまうので注意深く実行した方がいい。

sudo parted /dev/sdc
(parted) mklabel gpt
(parted) print
Model: ATA WDC WD30EZRX-00D (scsi)
Disk /dev/sdc: 3001GB
Sector size (logical/physical): 512B/4096B
Partition Table: gpt

Number  Start  End  Size  File system  Name  Flags

これでGPTにできたので2T超えていても使えるようになる。

(parted) mkpart primary 2048s 100%
(parted) print
Model: ATA WDC WD30EZRX-00D (scsi)
Disk /dev/sdc: 3001GB
Sector size (logical/physical): 512B/4096B
Partition Table: gpt

Number  Start   End     Size    File system  Name     Flags
1      1049kB  3001GB  3001GB               primary

(parted) quit

mkpartでパーティションを確保する、2048sと先頭を2048セクタにしている。
色々検索すると、64セクタ開始でいいようなのだが64セクタ始まりにすると、
Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.
と、警告が出る。なので、いろいろ試してみて2048だと警告が出なかったので採用した。

次に、フォーマット。
フォーマッタがインストールされていなかったので、apt-getで、xfsprogsをインストールする。

sudo mkfs -t xfs -s size=4096 -i size=512 /dev/sdc1
meta-data=/dev/sdc1              isize=512    agcount=32, agsize=22892696 blks
         =                       sectsz=4096  attr=2, projid32bit=0
data     =                       bsize=4096   blocks=732566272, imaxpct=5
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0
log      =internal log           bsize=4096   blocks=357698, version=2
         =                       sectsz=4096  sunit=1 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0

-s size=4096でセクタサイズを指定これでAFTに対応。
-i size=512でi nodeのサイズを少し大きくしておく。

とりあえず、これでAFTの4KセクタHDDを使う準備ができたかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください