RUSH ラッシュ/プライドと友情 の試写会に行ってきた

F1映画のRUSHの試写会に行ってきた。

まず、とても面白い映画だったけど、ワイルド・スピードのようなカーアクションはあまりない。

ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を描いたヒューマンドラマだった。
ラウダとハントの相反する生き方を見て、なんのために生きるのか、何が幸せなのかを感じる映画だった。

ラウダの事故からの復帰は描写がとても痛々しかった。

ジャパングランプリのシーンは、2007,2008の富士スピードウェイをリアルに体験した身としては、何か感慨深いものがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください