VirtualBoxで物理ハードディスクを使ってみる

VirtualBoxでHDDイメージでなく、本物のハードディスクを使う方法。

コントロールパネルの管理ツールを開きます。
その中にある、コンピュータの管理を起動して左の記憶領域からディスク管理を選択します。
disk-adm

中央下にデバイスのリストがあるので、VirtualBoxで使用したいディスクの番号を覚えます。
disk-adm-no

コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。
管理者権限で開くにはショートカットを右クリックして、管理者として実行を選択します。

cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox
VBoxManage internalcommands createrawvmdk -filename "C:\image.vmdk" -rawdisk \\.\PhysicalDrive1

このコマンドで、物理ディスクをVirtualBoxから読み込むためのファイルが作成されます。
-filenameのパラメータが作成するファイル。
-rawdiskがどのディスクを使うかの指定で、末尾の数字をさっき調べた数字に置き換えて指定します。

あとはVritualBoxで通所のイメージファイルを扱うように、作ったimage.vmdkを指定すれば使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください