BlueStacksでAndroid開発をしてみる

Android SDKに入っているエミュレータで開発を行っていると動作が遅すぎて効率出来でない。
最近はInten製のエミュレータもあるのでそちらを使えば高速に動くが、PCのCPUがIntelでないと使えない。
AMDの場合使えないので、BlueStacksを使うとこにする。

BlueStacksのインストールはBlueStacksをインストールしてみるを参考にインストールしてください。

まずはeclipseとBlueStaksが両方共起動していない状態で、eclipseを起動してください。
その後、BlueStacksを起動します。

その後、eclipseからRunボタンなどで開発中のプログラム実行を行うと、Android Device Chooserが起動してどの端末で実行するかを選択できます。

上の方にあるChoose a running Android deviceにemulator-5554とあるのでそれを選択します。
これがBlueStacksです。

これで自動的にBlueStacksにアプリがインストールされて、アプリが起動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください