怪奇! 夜中に急にPC負荷がかかる

夜も12時を過ぎ、1時を回った頃に急にPCの処理負荷が上がることがありませんか?
特に今までと同じようなことをしていて、別段負荷が上がるようなことをしていないにもかかわらず。
これには世にも恐ろしい理由があり、その厄を払うための方法がこの世にはあるという。

つーことで、環境はWindows 7
早速タスクマネージャで確認するとWinSAT.exeが悪さをしているということが判明。
これは、Windows エクスペリエンスインデックスのスコアをチェックするためのプログラムで、要はベンチマークをとっている。
そりゃ、負荷がかかる。
WindowsExperience

で、コイツの実行がデフォルトでタスクスケジューラに登録されていて、そのトリガが日曜日の午前1時。

毎週ハードを交換したりしていないので一度測定してしまえば、次にハードを変えるまで基本的に要らない。

なので、無効にする。
方法は「スタート」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「タスク スケジューラ」でタスクスケジューラをひらき。
maintenance

画面左側で、「タスク スケジューラ ライブラリ」→「Miscrosoft」→「Windows」→「Maintenance」を選択する。

そして、画面中央の、上川に表示されているWinSATを右クリックし、出てきたメニューの「無効」をクリックすればOK

再度測定したい場合は、「マイコンピュータ」を右クリックし、「プロパティ」を選択して出てきたシステム画面で「Windows エクスペリエンス インデックス」をクリックし。
表示された、画面右下の「評価を再実行」をクリックすれば測定される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください