既存の構成からgitリポジトリを作成してみる

以前、git管理を初めてみるの投稿で、リモートにgitリポジトリを作成し、そこからクローンして、クローンしたところにファイルを追加してgit管理を始める方法を紹介した。

今回は、すでに開発が始まっているものに対して、git管理を初めて見る。

/home/user/project
のproject内にすでに作成が進んでいる管理対象がある場合で説明する。

cd /home/user/project
git init
git add .
git commit -m "Initial commit"

ここまでで、ローカル内でgit管理が始まったことになる。
次に、中央リポジトリとなるリモートマシンでgit管理を初めてみるを参考にリポジトリを作成する。

ローカルに戻り

cd /home/user/project
git remote add origin path/to/remote
git push -u origin master

これで、完了。

pushのオプション-uでアップストリームの設定をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください