サーバ入れ替え!

注文していたサーバ用のPCが昨日届いた。
スペックは
CPU:Celeron DualCore G540
MB:GIGABYTE GA-B75M-D3H
Mem:CFD製 DDR3-1333 8GB (4GBx2枚)
Power:KT-F500-12A 500W
HDD:WESTERN DIGITAL WD20EARX(2台)
Case:DALTON DT400-BK

こいつにDebianをぶち込むぞ!

インストール前に心配していたのが従来のBIOSでなく、UEFI BIOSだということ。
調べてみるとDebianがUEFIに対応していなさそうだった。更に調べてみるとこんな感じでインストールする必要がありそうだ。
最初につまずいたのが普通にパーティションを作るのでなく、GPTにしないといけないというところ、Debianのインストール中GPTパーティションテーブルを作れなそうだったので、
UbuntuをUniversal USB Installerを使用してUSB bootでパーティションを作成する。
Ubuntu日本サイトから落としたisoだとUniversal USB Installerが認識してくれないので、ファイル名からja-を削除した。

Ununtuが起動したら、gpartedを使用してグラフィカルに作業。まずパーティションテーブルを作成する問にGPTを選択するのを忘れないようにする。
先頭のパーティションはFAT32にする、UEFI対応の説明HPには1MBあれば余裕と書いてあるが、gparted的にFAT32だと最低容量が32MBだったので32MBにする。
ちなみに、この開始位置に1が入っていると思う。説明のHPには1MBのパーティションを2つ作ると書いてあったが一つ目は自動的に作られるのだと認識して、2つ目のFATのパーティションのみ作成した。
あとはLinuxインストール用のパーティション、今回は久しぶりに/bootを別パーティションに切り出してみた。Linuxように作成したパーティションは先頭から
/boot 256MB
swap 8GB
/ 残り全部(この時点でHDDは1台しかつないでいなかった)

パーティションの準備が終わったので、やっとDebianインストールの開始。
Universal USB Installerを使用して今度は、DebianのインストールUSBを作成する。
とりあえず、普通にインストール。
インストール後UEFI対応の説明ページのgrubをゴニョゴニョしなければいけないと思ったがインストールしたDebianが普通に起動したのでよしとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください